2018年 7月 20日 (金)

鬼の角?タケノコ? デザインアワード受賞「円錐」スピーカー

印刷

   プリンストンテクノロジー(東京・千代田区)は2012年12月16日、エディファイア社製のブルートゥース対応スピーカー「Spinnaker」(E30シリーズ)を発売する。希望小売価格はオープンだが、想定実売価格は3万4800円。

ワイヤレスコントローラー付属

写真は、レッド
写真は、レッド

   エディファイア社は1996年の創設以来、ハイエンドオーディオ製品をアメリカ、南米、ヨーロッパ、中東などで展開しているオーディオブランドだ。

   今回登場したブルートゥース対応スピーカーでは、2012年にラスベガスで行われたCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)でデザインアワードを受賞した、円錐形状の独創的な筐体デザインを採用している。

   DSP技術や6チャンネルデジタルクロスオーバーにより音質を追求し、合計90ワットの3ウェイスピーカーユニットは、「大迫力ながら癖の無いナチュラルな音を奏でる」という。

   また、ブルートゥースで接続したAVRCP対応機器の音量や再生・一時停止・曲戻し/送りのコントロールができるドーム型ワイヤレスコントローラーも付いている。

   カラーは、ブラックとレッドの2種類。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中