2019年 11月 20日 (水)

たけし、あのアニメを絶賛?? 「そっくりすぎる」書き込み話題に

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
「こないだよ、軍団の若い衆集めて『暇だから何か面白いDVD持って来い』って言ったのよ。そうしたら、そいつらの持ってきたDVDってのがほとんどアニメだったんだから本当参っちゃったよ。(中略)まぁ、今のアニメってのは凄いね。おいらが子供の頃見てたアニメなんかよりも、よく言えばずっと進歩してる」
「おいらが映画を作るときってのは、作品に何らかのメッセージを詰め込んで、見てくれた人たちにいろいろ考えさせたいって思ってやっているの。(中略)ところが、今のアニメをちょっと見た限りだと、今のアニメには何のメッセージも、悪ければ内容すら詰まってない。ただ単にマンガの原作をなぞってばっかりで、何の内容もないんだよね。あるのは笑えないお色気と無意味なグロテスク描写くらい」

なぜか「キルミーベイベー」を絶賛する偽たけし

偽たけしさんが絶賛した「キルミーベイベー」 (C)カヅホ・芳文社/キルミーベイベー製作委員会
偽たけしさんが絶賛した「キルミーベイベー」
(C)カヅホ・芳文社/キルミーベイベー製作委員会

   ここまで読んで「ビートたけしがアニメ批判?」と憤慨した方、どうか落ち着いてほしい。実はたけしさんの文体を模写して2ちゃんねるの野球関連掲示板「なんでも実況J」に2012年10月23日書き込まれた「ネタ」投稿なのだ。元ネタがあるかは不明だが、「おいらもアニメばっかり見てるわけじゃないから、あんまり厳しいこと言えないけど、今の子たちはこういう作品が面白いのかなぁって不安になってきちゃう」なんてあたり、いかにもたけしさんが言いそうなくだりだ。

   この書き込みはさらになぜか、2012年1~3月に放映された深夜アニメ「キルミーベイベー」を絶賛する方向に向かっていく。女子高生・折部やすなと殺し屋の少女・ソーニャらの日常をひたすらゆるく描いた同作は、決して「大人気」という作品ではない。むしろ、DVDの売り上げの少なさがネタにされるくらいだ。が、そのゆるさには局所的な人気があり、ことに書き込みがあった「なんでも実況J」では、(野球とはなんの関係もないにもかかわらず)やたらにファンが多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!