「ヱヴァQ」の世界に迷い込む 富士急行線で「ラッピング車両」運行中

印刷

   富士急行は2012年11月17日、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q公開記念電車」の運行を富士急行線で開始した。

車内には名シーンや名セリフがズラリ

(C)カラー
(C)カラー

   映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の封切りに合わせたコラボレーション「EVA:Q×FUJI:Q計画」の一環として、ラッピング車両が登場した。

   富士急行線の車両1編成(2両)の外装を、エヴァンゲリオン初号機と2号機をテーマにした車体色に変更したほか、内装は劇中での名シーンや名セリフが車内のポスターやつり革などに散りばめられており、運行中の一部区間では登場キャラクター「葛城ミサト」ボイスの車内アナウンスも流れる。

   このほか「EVA:Q×FUJI:Q計画」では、ローラーコースター「高飛車」をエヴァンゲリオン仕様に変更した「エヴァ飛車」の運行や「パイロット養成計画」スタンプラリーなどが2013年1月31日まで行われる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中