2021年 1月 17日 (日)

【書評ウォッチ】消費者不在「技術神話」の罠? どうした日本企業

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

方向を間違えると足かせに

   「韓国や中国の安物でも十分に使える」という、極端なユーザーが増えるのもうなずける。どんな技術も使いよう。方向を間違えれば、経済全体の、ときに足かせになりかねない。その愚を日本のメーカーがやらかしたということだろうか。

   技術開発に関連しては、「イノベーションの100年」が日経読書面のトップに。「モノをサービスで大きく包んだコトづくりという視点が見直されている」と、評者・専修大の西岡幸一さんが指摘。ここに載った『リバース・イノベーション』(V・ゴビンダラジャンら著、ダイヤモンド社)は朝日読書面にも。途上国向けの製品開発が先進国にも及ぶ話。経済界に対応を促している。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!