明治時代のヒット作が生まれ変わった 現代女性向け美容オイル

印刷

   資生堂は、香る美容オイル「香油花椿(こうゆはなつばき)」を2012年11月21日、資生堂創業140周年記念品として限定発売した。

髪や指先など、乾きやすい部分に

水のようにさらさらと
水のようにさらさらと

   明治時代に日本髪から西洋風へシフトするなかでヒットした1898年(明治31年)発売の洋風髪油「香油花つばき」を、現代の女性に向けた髪と肌のための美容オイルとして再現したもの。五島列島産の「プレミアム椿オイル」をはじめ、ローズヒップ油、アルガンオイルなどの天然オイルを使用しており、特に傷んだダメージヘアにもたっぷりうるおい、なめらかになじむ。

   白い椿と花々の豊潤な香りで、パッケージは発売当時のたたずまいを継承した優雅な丸いガラス瓶と、ヨーロッパの文化の香り漂う紙製の美粧函(パッケージ)となっている。

   85ml、ノープリントプライス。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中