アウディ「Q5」マイナーチェンジ 2種類の新エンジン搭載

印刷

   アウディ ジャパンは2012年11月21日、プレミアムミッドサイズSUV「アウディQ5」をマイナーチェンジし、発売した。車両本体価格は、「Q5 2.0 TFSI クワトロ」が579万円、「Q5 3.0 TFSI クワトロ」が673万円。

「新開発の2リッター」と「高効率な3リッター」

579万円から
579万円から

   2種類のエンジン搭載車を用意した新型「アウディQ5」。新開発の4気筒ガソリン直噴2.0リッター・ターボエンジンは、10キロワット(13ps)出力が向上しながら12.5キロ毎リットル(JC08モード燃費)と燃費性能を高め、3.0リッターV型6気筒ガソリン直噴スーパーチャージャーエンジンは、従来の3.2リッターモデルとの比較で2ps/70ニュートンメートルプラスという出力向上を果たしながら、11.1キロ毎リットル(JC08モード燃費)と約15%、燃費が向上している。

   エクステリアでは、バイキセノンヘッドライトユニットのほぼ全周にわたってLED ポジショニングランプを配置したほか、フロントバンパー、エアインレット、フロントフォグライトなどのデザインを一新し、インテリアでは、ステアリングホイールの形状を見直し、3本スポークの新デザインとした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中