2018年 6月 25日 (月)

シフトレスポンスが向上 スーパースポーツカー「SLS AMG GT」

印刷

   メルセデス・ベンツ日本は2012年11月30日、スーパースポーツカー「SLS AMG」に、動力性能やハンドリング性能をさらに高めた「GT」(クーペ/ロードスター)を発売した。納車は、2013年3月ごろから順次開始する予定だ。

最高出力が591馬力に向上

写真は、クーペモデル
写真は、クーペモデル

   搭載する6.3リッターV型8気筒エンジンは、GT専用チューニングにより最高出力が591馬力(ノーマルモデル比+20馬力)に向上した。SLS AMG専用トランスミッション「AMGスピードシフトDCT」は、GT専用制御により変速時間が短縮し、よりダイレクトなシフトレスポンスを実現する。

   スポーツ走行に重点を置いたGT専用チューニングを施したほか、2モード切り替え式の電子制御サスペンション「AMGライドコントロール パフォーマンスサスペンション」を標準装備した。

   エクステリアでは、ドアミラーをはじめとして随所にハイグロスブラックのパーツを配置し、専用デザインのアルミホイールを採用している。インテリアは、ブラックを基調に随所にレッドステッチを施したGT専用デザインだ。

   メーカー希望小売価格は、クーペが2650万円、ロードスターが2750万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中