【書評ウォッチ】不況対策に「コミュニティ」 新時代の街づくり考える

印刷

   長引く不景気を企業と地域社会をつないでなんとかできないか。そこに「新しいコミュニティ」をつくることが「いまの日本の中心的なテーマ」だとの視点から、関連本が日経新聞に。『コミュニティが顧客を連れてくる』(久繁哲之介著、商業界)その他。こうした着想が、この時代、あちこちで強まる気配だ。

   モノが売れなくなったから「じゃあ地域のコミュニティに頼ろう」というのも調子いい話だが、全国的な行き詰りムードに対する打開策の一案ではある。企業サイドの思惑をどう活かすか・否定するか、冷静かつ早めに考えておかなければならない。【2012年12月2日(日)の各紙からI】

「物」を売るより、したい「事」

『コミュニティが顧客を連れてくる』(久繁哲之介著、商業界)
『コミュニティが顧客を連れてくる』(久繁哲之介著、商業界)

   「ものづくりにコミュニティなどソフト面の要素をいかに盛り込んでいくか」を、評者の千葉大・広井良典さんは重視。『コミュニティが顧客を連れてくる』は、店主が売りたい「物」ではなく、顧客のしたい「事」に注目する提言やメッセージ。豊富な事例とともに論じられていると受けとめている。

   企業の生き残り策というより、街づくりそのものをベースにした『コミュニティデザインの時代』(山崎亮著、中公新書)も紹介。都市と地方のありようを含め、普遍的にコミュニティの意味や方法を論じた本だ。「集落診断士」を提案し、「ヨソモノ」の立場に徹し、酒の席に頼らないなどのヒントもあふれる。

   コミュニティづくりを正視すればするほど「お金に換算できない価値が労働の大きな動機づけになる」といった考えが出てくる。この議論は『クリエイティブ資本論』(リチャード・フロリダ著、ダイヤモンド社)に。

若者を食う「ブラック企業」を許すな

   『孤独なボウリング』(ロバート・D・パットナム著、柏書房)は、コミュニティには一定以上の平等が必要と指摘。社会保障など富の再配分を強調する。評者は『渋沢栄一』(島田昌和著、岩波新書)にも触れ、「経済と道徳の一致」を論じた事業家の理念に思いをはせている。

   そういう道徳理念とはおよそ正反対のところにある企業の問題を、朝日新聞が森健さんを評者にとり上げた。いま就活学生が恐れる『ブラック企業』(今野晴貴著、文春新書)だ。

   若者を大量に雇用し、長時間勤務や不条理な命令で酷使。自己都合で退職させ、穴はまた大量採用する。違法ないし違法すれすれ。こういう妖怪行為を許してはいけない。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中