2018年 7月 20日 (金)

クレジットカード選び、「ポイント貯まる」を最重要視 所有割合1位は「楽天カード」

印刷

   クレジッドカードのポイントを貯める人は多いが、明確な目的を持って貯めている人は少ない――こんな結果が、モバイルマーケティングデータ研究所(東京)の実施した「クレジットカードの利用に関する実態調査」で明らかになった。意識的にポイントを貯めるようにしている人は55.7%と過半数を占めるにもかかわらず、明確な目的を持ってポイントを貯める人は43.9%にとどまる。同調査ではネットショッピングが一般的になった昨今のクレジットカード利用実態を調べている。

「ネットショッピング」で利用73.0%

クレジットカードの利用に関する実態調査
クレジットカードの利用に関する実態調査

   全体の83.0%がクレジットカードを所有しており、そのうち日常的にクレジットカードを利用する場所を、「ネットショッピング」と回答した人が73.0%と最も多かった(複数回答、以下同)。次いで「家電量販店」が45.3%、「デパート・百貨店」は38.7%だった。

   クレジットカードへ加入する際に重視した点を質問したところ、「ポイントが貯まる」が75.0%と最も多く、「年会費が無料」が62.3%で、「ポイント」がカード会社を選ぶ際の決め手となるようだ。所有しているクレジットカードのカード会社は、「楽天カード」が42.5%と最も多く、次いで「JCBカード」が32.0%、「三井住友VISAカード」が27.5%という結果になった。

   「楽天カード」はポイントが貯まることに加え、それを「楽天市場」など複数のサービスで利用できるため、上述のような特定の使用目的がない人には使い勝手が良い。「年会費が無料」という要素も満たしており、こうしたことが最も多く利用されている理由として挙げられそうだ。調査は20代から40代の男女1335人を対象に、2012年12月3日~6日にインターネットで行われた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中