2018年 7月 17日 (火)

えっ、いちごに湯葉を…? 女子大生自慢のスイーツ、池袋東武に

印刷

   女子大生らが考えた新感覚のいちごスイーツが、ズラリと勢ぞろいする。東武百貨店の池袋店(東京・豊島区)で2013年1月15日から、「紅ほっぺスイーツフェア」が始まる。静岡県産のいちご「紅ほっぺ」を使った43品を楽しむことができる。会場は、池袋店のレストラン街スパイス43店舗。

   女子大生自慢のメニューは、「海老芋・湯葉を使ったいちごスイーツ」など。大妻女子大や実践女子大など5大学約70人の学生が、レストラン街各店のシェフと43種類のスイーツを共同開発した。

   フェアのスタートは、「いちごの日」である1月15日。3月13日まで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中