2018年 7月 17日 (火)

「エコ発電充電制御」も導入 スバル新型軽「プレオプラス」

印刷

   富士重工業は、新型軽乗用車「スバル プレオ プラス」を発売している。メーカー希望小売価格は、79万5000円~121万7500円。

燃費は「30.0キロ毎リットル」

スバル プレオ プラス「G」
スバル プレオ プラス「G」

   2012年12月21日、販売を始めた。完全に車両が停止する前(約7キロ毎時以下)にエンジンを自動停止する「停車前アイドリングストップ」や、減速時の走行車両の運動エネルギーをオルタネーターが電気エネルギーに変換してバッテリーに回生する「エコ発電充電制御」などにより、30.0キロ毎リットル(JC08モード)の燃費を実現した。

   コンパクトボディーでありながら、実用性と快適性を追求したパッケージを採用し、前後席間距離を930ミリとするなど、「大人4人がくつろいで座れる快適な居住性を実現した」という。

   2WD(二輪駆動)の「E」「F」「L」「G」と、AWD(全輪駆動)の「FA」「LA」「GA」からなる7グレード構成だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中