2018年 7月 21日 (土)

トヨタ「クラウン」14代目に 個性をさらに進化

印刷

   トヨタ自動車は、高級セダン「クラウン」(ロイヤルシリーズ、アスリートシリーズ)をフルモデルチェンジし、販売している。メーカー希望小売価格は、353万~575万円。

多彩な「先進システム」設定

クラウン「アスリートG」(ハイブリッド車・2WD)<オプション装着車>
クラウン「アスリートG」(ハイブリッド車・2WD)<オプション装着車>

   1955年の誕生から、今回で14代目となる新型クラウンだ。

   エクステリアでは、水平基調の伸びやかな低重心の基本骨格と躍動感を両立したサイドビューと、王冠をモチーフとしたフロントフェイスを採用し、クラウン独自の個性を強調した。

   新世代直噴技術「D-4S」搭載の2.5リットル直列4気筒アトキンソンサイクルエンジンと高トルクモーターを組み合わせた、新開発「FR専用ハイブリッドシステム」を搭載し、JC08モード走行燃費は23.2キロ毎リットルを実現した。

   また、良好な視界を確保する「アダプティブハイビームシステム」や、車両周囲の状況をナビゲーション画面に表示する「パノラミックビューモニター」など、周囲の安全確認を支援する先進のシステムを設定している。2012年12月、発売した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中