AKB48「奔放恋愛」解禁の年に!? 2013年芸能界はこうなる

印刷

   2012年末の原稿に引き続き、コスプレから離れ、2013年の芸能界の動向を占ってみたい。

   芸能ニュースはワイドショーから芸能レポーターも姿を消しつつあり、縮小化の傾向にある。しかし2012年ほど、興味ある騒動が多かった年はなかった。13年はどう展開するのだろうか。

   12年の騒動の筆頭は、オセロ中島知子の女性占い師からのマインドコントロール騒ぎ。報道当初は、全財産を占い師から奪われた中島が一方的な被害者と思われていたがそうでもない。騒動の「元凶」は中島自身で、マインドコントロールにはかかっていない上、霊能者との「特別な関係」という証言さえ吹き出した。すでに復帰はいつでもできる状態。2013年中には、間違いなく復帰を果たしているはず。

松田聖子と郷ひろみ、それぞれの結婚

恋愛解禁!?
恋愛解禁!?

   2012年は大物たちの結婚が続発した。結婚は「離婚」への序章でもある。その意味で松田聖子(50)の再再婚は、2013年の離婚の足音が私には聞こえてくる。聖子は6月に結婚を発表。お相手は慶応大医学部准教授・河奈裕正氏(49)、略奪疑惑もあった。河奈氏には15年連れ添った8歳下の妻と2人の子供がいたが、一昨年に離婚。一目ぼれ。「欲しいものは何でも手に入れる」聖子の真骨頂はここでも発揮された。

   しかし最初から「いつまでもつか…」。早くも元マネージャーとのうわさが絶えず、離婚のにおいがプンプン漂う。いや、まったく逆。聖子のことだから、妊娠だってやってのけるかもしれない。

   聖子と別れた郷ひろみ(57)は2012年4月に聖子と同じ再再婚を発表。相手は元プロ野球選手の徳武定祐氏の娘さんの徳武利奈さん(32)。こちらは「いつ妊娠するか…」という妊娠競争。郷は男の子を望んでおり、13年にはおめでたい報道がありそう。

逆にスキャンダルの原因に

   上戸彩(27)と「EXILE」リーダーのHIRO(43)が9月14日の上戸の27歳の誕生日に入籍した。宗教問題から別離報道もあったが、2年間の交際を実らせてのゴールイン。母親も結婚に賛成、結婚を前提とした交際だったため、反対していた所属事務所も入籍を認めざるをえなかった。このカップルのおめでた報道は近い。

   2013年はAKBの恋愛解禁の年になるだろう。一連の「恋愛脱退」シンドロームに関して、頭領の秋元康センセーが「恋愛禁止なんて僕は一度も言ってはいない」と、公言。これはDA PUMPのISSAとの「お泊まり」が報じられた増田有華が、グループを辞退したことに関連して秋元先生がコメント。最近では元彼から「AKB48は超肉食系でした」と告白されて九州行きを命じられた指原莉乃のほか、平嶋夏海と米沢瑠美らがAKB48からの脱退と相成った。

   恋愛禁止については前田敦子らが「卒業すると恋愛禁止条例が解除される」と話している。今回の発言の裏には、AKB48のメンバーが10代から20代の中盤にさしかかり、女性として成熟。恋愛をしているメンバーは、もはや隠しきれないほどいる今、恋愛禁止条例は逆にスキャンダルの原因になりかねない。

   原発、大地震の不安、ましてやトンネルだっていつ天井からコンクリートの固まりが落ちてくるか、明日をも知れぬ時代。彼女らとて生身の女の子、キスだって恋愛だってしたい。「恋愛は禁止」という「縛り」が通用すること自体時代錯誤の上、邪道。女性タレントは、恋愛によって成長して、人生の積み重ねで大きく羽ばたくことを忘れてはならない。

   2013年はAKB48メンバーの自由奔放な恋愛解禁の年になる。

肥留間正明

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中