ダイエットより資格たん! ギャルの「スキルアップ時代」幕開け

印刷

   2013年を迎え、今年で6年目に突入するギャルウォッチ。

   本年もギャル達の様々な情報をお届けして参りますので、よろしくお願い致します!

   ということで、新年第1回のこのコラムでは、ギャル達の「2013年の目標」をお届けします。

英語や勉強、バイトに頑張る!

スキルアップ!
スキルアップ!

   まず、その前に2012年のギャル達の目標を振り返ってみましょう。

   「ギャル、今年の目標に『子作り』も 倖田來未結婚の意外な影響力」(12年1月6日配信)で紹介しています。

   以前のコラムでもお伝えしているように、45.3%のギャル達が「ダイエット」を目標に掲げており、日々、可愛く見られたいと思う気持ちが強かったことが感じ取れます。

   では、今年の目標はどうなのでしょうか。

   早速、以下のランキングをご覧下さい。

1位:資格を取る…32.1%
2位:勉強をして成績を上げる…12.0%
3位:バイトを頑張る…9.2%
4位:英語を話せるようにする…7.6%
5位:お金を貯める…4.8%

   このように例年トップにランクインしている「ダイエット」はランク外で、さらには、これまでなかなか挙がることのなかったワードが登場する結果となりました。

フェイスブックやツイッターの影響とは

   では、なぜギャル達は今年の目標に「資格」「勉強」「バイト」といった目標を挙げたのでしょうか。JKギャル達に話を聞いてみました。

   ギャルA『フェイスブックで中学時代の友達が留学しているのを知って、ウチも英語を話せるようになりたいって思った!だって、投稿も英語でしてるし、外国の友達との写真もアップしてるんだよ!超かっこよくない!?』

   ギャルB『あたしもフェイスブックとかツイッターで友達の近況を読んでると、自分だけ何も頑張ってないなぁって思うんだよねぇ…。だから今年は勉強を頑張って、テストで高得点取りたい!で、点数写メってツイートして自慢する(笑)』

   ギャルC『ウチは大学生のお姉ちゃんの就活の話を聞いて資格を取ろうって思った!しかも、最近、個人のフェイスブックを見て採用するかしないか決める企業もあるらしくて…。資格を取ってフェイスブックで報告しておけばアピールポイントにもなるし頑張り甲斐があるよね!』

   などといった意見が聞かれ、ギャル達の目標が「ダイエット」から「資格」「勉強」「バイト」へと変化した理由としては、フェイスブックやツイッターが関係していることが分かりました。

知ろうとしなくても目に飛び込んでくる情報

   と言うのも、ギャル達の間で同ツールの使用率が少なかった約1年前までは、発信側としてブログに特化していました。つまり、ブログで公開するための盛り写真やダイエット術・メイク方法などを追求し、「可愛くみられたい」といった外見に偏った追求心を持っているギャル達が目立っていたのです。

   しかし、フェイスブックやツイッターがギャル達のマストツールとなった現在、自分以外の人の近況を知ろうとしなくても目に飛び込んでくる状況=受信側としての環境が当たり前となったことで、昔の友達や知り合いの学校・職場での成績、資格獲得などを常にリアルな情報として知れるようになり、ギャル達は内面を磨くことに対して競争心を抱き始めたと言えるでしょう。

   また、ギャル達の会話にもあったように、最近では就職採用時にエントリー者のフェイスブックやツイッターのプロフィールや投稿記事や写真を参考にしている企業も増えていることから、同ツールを自分達の「履歴書」のように受け止めるギャルが多く、今年は「資格」「勉強」「バイト」を頑張りたいと思う気持ちを持ち始めたのだと思います。

   2013年、ギャル達のスキルアップの時代が幕を開けました!

GRP編集部 ミリにゃん

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中