2019年 5月 19日 (日)

【バンコク発】ハイソなタイ人家族連れで賑わう 「ジムトンプソン・ファーム」限定ツアーへGO!

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   タイの高級シルクブランドとして名高いジムトンプソン。絹の材料となる蚕の生産とそのエサとなる桑栽培の拠点として1988年にナコーンラーチャシーマーに造られたのが「ジムトンプソン・ファーム」です。

   2001年からは、製品の製造過程と共に美しい農園風景や見頃をむかえる花々、イサーン地方の伝統文化などが体験できる「ジムトンプソン・ファーム・ツアー」を開催。毎年12月中旬から1月の中旬(今シーズンは12月15日~1月13日)までの約1か月限定の人気ツアーとして定着しています。

大人も子供も楽しめるエコツアー!

大きな「カボチャ」が入り口のサイン
大きな「カボチャ」が入り口のサイン 園内はカートに乗って移動。清々しい景色が楽しめる
 園内はカートに乗って移動。清々しい景色が楽しめる

   バンコクから東北へ車で約4時間、イサーンの玄関口ナコーンラーチャシーマー(コラート)に位置する「ジムトンプソン・ファーム」。手前には大自然が広がるカオヤイ国立公園や新緯度帯ワインで注目されつつあるタイのワイナリー、高級リゾートホテル、美味しいステーキやアイスクリームで有名なチョクチャイ・ファームなどがあり、例えるなら軽井沢と言った感じでしょうか。

   「Jim Thompson Farm」と書いてある看板に従い道を抜け、大きなカボチャのオブジェが見えたらそこが入口。広い園内は、ガイド付き(タイ語)のカートで廻ることができます。

   絹の製作過程の見学やイサーン文化の紹介など、楽しく学べる仕組みになっており、連日ハイソなタイ人の家族連れで賑わっています。

【プロフィル】
美濃羽佐智子(みのわ・さちこ)
出版社の編集を経てフリーの編集・ライターに。旅・フード・ファッションをフィールドに活動。現在はタイと日本を往復しながら、タイの面白いこと、美味しいことをさまざまなメディアに寄稿中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中