2021年 8月 6日 (金)

美輪明宏「ヨイトマケの唄」にみる 2013年「歌の力」復活の予感

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

演歌の台頭もあり得る?

   これはあくまでも私見だが、2013年、それが良いのか悪いのかという議論は置いておいて、今の若い世代がロックだとかラップだとかいうこととは別の、歌そのものの力が表出してくるような音楽が登場してくるのではないかと思っている。

   2012年の由紀さおりの再評価に通じる、歌の力の再評価という意味では、演歌の台頭もあり得るのではないかとさえ思う。

   なにはともあれ、2013年は、音楽を発展させる力のないメディアに踊らされることなく、音楽がバランス良く発展するよう祈るばかりだ。

加藤普

◆加藤 普(かとう・あきら)プロフィール
1949年島根県生まれ。早稲田大学中退。フリーランスのライター・編集者として多くの出版物の創刊・制作に関わる。70~80年代の代表的音楽誌・ロッキンFの創刊メンバー&副編、編集長代行。現在、新星堂フリーペーパー・DROPSのチーフ・ライター&エディター。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!