シリーズ初「Wi-Fi機能」 サイバーショット「DSC-WX200」

印刷

   ソニーは2013年1月25日、デジタルカメラ「サイバーショット」から、「光学式手ブレ補正」機能などを搭載した「DSC-WX200」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は2万8000円前後とみられる。

手ブレ補正効果4倍

「DSC-WX200」(シルバー)
「DSC-WX200」(シルバー)

   ブレやすい望遠撮影時の手ブレ補正効果を従来機「DSC-WX100」から約4倍に高めた「光学式手ブレ補正」機能や、望遠や暗所での撮影においても被写体をすばやくとらえる高速オートフォーカス機能を搭載する。暗所での動きのある被写体までもカメラまかせで撮影できる「プレミアムおまかせオート」機能付きだ。

   有効約1820万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」と独自の高速画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」により、高解像度と高感度・低ノイズを両立している。

   また、WXシリーズとして初めてWi-Fi機能を搭載し、スマートフォンやタブレットからカメラを遠隔操作して撮影できる「スマートリモコン」などに対応した。撮影した人物写真を簡単操作でより魅力的に仕上げる「ビューティーエフェクト」や、より遠くの被写体まで明るく撮影できる「アドバンスフラッシュ」など、撮影機能も充実させた。

   ボディーカラーは、シルバー、ブラック、ピンク、ゴールドの4種類。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中