「ストロベリーナイト」の張り込みシーン? 実は「スズキワゴンR スティングレー」のコラボCM

印刷

   真っ赤な車で張り込みをする刑事の前を容疑者が走り抜けていく。「やっぱりこの車、張り込みに向かないんじゃ」――。映画「ストロベリーナイト」の公開にあわせ、スズキはドラマ仕立てのコラボCM「スズキワゴンR スティングレー×ストロベリーナイト」を2013年1月15日からオンエアしている。ドラマ・映画「ストロベリーナイト」のスタッフが再集結して制作したもので、「ドラマのワンシーン?」と勘違いしそうな仕上がりになっている。

映画と同じ画面サイズで放送

ワゴンRスティングレーで張り込み中の髙嶋政宏さん(右)、遠藤憲一さん(左) (C)2013 フジテレビジョン S・D・P 東宝 共同テレビジョン FNS27社 光文社
ワゴンRスティングレーで張り込み中の髙嶋政宏さん(右)、遠藤憲一さん(左)
(C)2013 フジテレビジョン S・D・P 東宝 共同テレビジョン FNS27社 光文社

   CMでは、「スズキワゴンR スティングレー」に乗った捜査一課警部・今泉春男役の髙嶋政宏さんと日下班主任・日下守役の遠藤憲一さんが、容疑者確保のために張り込みをしている。ところが、真っ赤な車のボディが目立ってしまい、あと一歩のところで容疑者を取り逃がしてしまうという内容だ。

   「ストロベリーナイト」は、竹内結子さん主演の刑事ドラマ。フジテレビ系で2010年にスペシャルドラマとして放送され、12年には連続ドラマが制作された。映画にもなり、13年1月26日から公開される。今回のコラボCMでは、出演者がシリアスなキャラクターのまま、コミカルなセリフを読み上げることで笑いを誘っている。

   画面サイズが小さい通常のCMとは異なり、映画と同じ大きさで放送している。CMは映画公式サイトでも見ることができる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中