「ブラック&レッド」で個性強調 ヤマハ「VOX」限定モデル

印刷

   ヤマハ発動機は2013年2月1日、シート下に約34リットルのラゲッジスペースを備える原付1種スクーター「VOX XF50」(ボックス)から、「VOX XF50L」を1000台限定で発売する。

車体色に「ブラックメタリックX」採用

限定カラーで登場
限定カラーで登場

   「VOX XF50」をべースに、「VOX XF50D」に設定している「ブラックメタリックX」を車体色に採用するとともに、レッド塗装フロントフォークカバーやレッド塗装の前後ホイール、レッド塗装シートヒンジとマットブラック塗装のシートパネル、レッド塗装メーターケース、クロームメッキ処理のヘッドライトリムなどを採用し、「VOX XF50」の個性をさらに強調したモデルとなっている。

   このほか、水冷4ストロークオートマチックエンジンや4.5リットル燃料タンク、全幅約325ミリ・全長約730ミリのラゲッジスペース(約34リットル)を搭載する。

   メーカー希望小売価格は、22万5750円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中