2022年 7月 2日 (土)

YO!「ラッパー」だらけの恋愛ゲーム なのに「人が死ぬってどういうことだ?」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   恋人候補(攻略対象)が全員「ラッパー」という、ヒップホップ女子にはたまらない?恋愛ゲームが登場した。おそらく空前絶後だろう。

   Yoshinaga Works.が2013年1月16日から配信しているiPhone(アイフォーン)向けアプリ「ラッパーと恋をする」は、高校を舞台に主人公の女子生徒と、個性的なラッパー男子との恋愛模様を描く女性向け恋愛ゲームだ。

熱血、知性派、不良の3タイプ同級生男子が登場

配信サイトより。どんな世界だとつっこまざるを得ない…
配信サイトより。どんな世界だとつっこまざるを得ない…

   主人公の「女ラッパー」MC鹿島田は、進級がかかった春休みの補習授業で、3人の同級生男子とめぐり合う。熱血、知性派、不良とそれぞれタイプの違う3人と交流する中で、主人公は徐々に彼らに惹かれていく――

   と書くと「普通の」乙女ゲームのようだが、何せ登場人物たちは全員ラッパーだ。教室では毎日のようにラップバトルが繰り広げられ、会話の内容もほとんどがラップに関するものばかり。しかも物語はなぜか壮大で、「セルアウト村」出身者への差別や、ラップバトルで負けたものが収容される刑務所など、やけにハードな(そしておバカな)設定が次々と登場する。「ラップで人が死ぬってどういうことだ?」という登場人物の発言があるが、プレイヤーからすればまさに「それはこっちのセリフだ!」。

   では単なるギャグ作品かといえばそうではなく、選択肢次第では強敵との熱い戦いに進む展開も。エンディングは全8種類あり、繰り返し遊ぶことが可能だ。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!