2018年 7月 23日 (月)

フロントデザイン一新 燃費向上したレクサス「HS250h」

印刷

   トヨタ自動車は2013年1月24日、高級車ブランド「レクサス」のハイブリッドセダン「HS250h」をマイナーチェンジし、発売した。メーカー希望小売価格は、410万~552万円。

操縦性・走行安定性も向上

HS250h「バージョンL」(オプション装着車)
HS250h「バージョンL」(オプション装着車)

   エクステリアでは、レクサスのデザインアイコンである「スピンドルグリル」や、L字型デザインを取り入れたLEDフォグランプを採用するなど、フロントのデザインを一新し、車高も10ミリ下げている。インテリアでは、内装色に「エクリュ」「ブラック&ガーネット」などを新採用した。

   また、吸・遮音材の追加や材質変更などにより、静粛性を大幅に向上させたほか、スポット溶接打点の追加によりボディー剛性を強化するとともに、車体の前後にパフォーマンスダンパーを採用することで、操縦性・走行安定性を向上させた上で、「よりなめらかな乗り心地」を実現している。

   ハイブリッドシステムの制御の見直しや充電効率の改良などにより、燃費は20.6キロ毎リットル(JC08モード)を達成した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中