2018年 7月 21日 (土)

アップル、「スマート靴」特許を出願中 その驚きの機能とは!?

印刷

   iPhone(アイフォーン)、iPad(アイパッド)などで世界に「スマート」革命を起こした米アップルだが、次なる「スマート」商品として狙いを定めたのは意外にも「靴」らしい。

   米商標特許庁は2013年1月24日、アップルからセンサーなど各種機能を搭載した靴、各紙が呼ぶところの「スマートシューズ」の特許出願を受けていることを公表した。

靴底のすり減り具合がすぐにわかる…

アップルがスマートシューズ出願。さしずめ商品名は「iShoes」?(イメージ)
アップルがスマートシューズ出願。さしずめ商品名は「iShoes」?(イメージ)

   アップルが提出している書類によればこの「スマートシューズ」には、靴にかかる力を感知するセンサーや、携帯電話やMP3プレイヤーなどとの無線接続機能などが備わっている。

   さて、肝心の使い道はというと、意外にもアップルが強調しているのは「靴底のすり減り具合がわかる」という用途だ。上記のセンサーで靴底の状態を自動検知し、「買い替え」のタイミングをお知らせしてくれるという。

   これだけ聞くとなんとなく拍子抜けの感がなくもないが、もちろんそれだけというわけではないだろう……とネット上でその機能や利用法が話題になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中