チタンコートで切れ味アップ 住友スリーエムの折る刃式カッター

印刷

   住友スリーエムは2013年2月12日、カッター「スコッチ チタンコートカッター」を発売する。刃を高硬度チタン合金でコーティングしたカッターだ。

「硬い」けど「折れる」

「折る」回数も少なくなる?
「折る」回数も少なくなる?

   刃をチタン合金でコーティングすると、硬度を増し、刃表面の磨耗が減り、切れ味が鋭くなる。しかしながら従来は、その硬さのため、刃が折れるタイプのカッターには用いられてこなかった。そのため同商品が、「日本初の折る刃式チタンコートカッター」という。

   一般的なカッターの刃先の角度が約25度なのに対し、18度と鋭角であるため、よりシャープな切れ味を実現。また、コートのないものと比べ、切れ味が2倍持続する。

   ケースの白、ラバーの黒に対し、刃の色がゴールドのため、視認性が高い。グリップは3D形状を採用しており、「人差し指握り」「親指握り」「鉛筆握り」いずれでもしっかりと握れる。

   希望小売価格は、Sサイズ(刃幅9ミリ、刃長さ80ミリ)が472円、Lサイズ(刃幅18ミリ、刃長さ100ミリ)が682円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中