2018年 7月 16日 (月)

「ピンクの花」が走る フィアット新色モデル「500」

印刷

   フィアット クライスラー ジャパンは2013年2月4日、コンパクトカー「500 FIORE ROSA」(チンクエチェント フィオーレ・ローザ)を150台限定で発売した。全国メーカー希望小売価格は、220万円。

「500 ツインエア・ポップ」がベース

鮮やかなピンク色だ
鮮やかなピンク色だ

   「500 ツインエア」のエントリーモデルである「500 ツインエア・ポップ」をベースとした限定色モデルだ。モデル名称の「FIORE ROSA」はイタリア語で「ピンクの花」を意味し、外装色に採用した新色の「フィオーレ・ローザ」にちなんでいる。

   総排気量875ccの直列2気筒8バルブ「マルチエア」インタークーラー付きターボエンジンを搭載し、オートマチックモード付き5速シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」と組み合わせている。燃料消費率は、22.0キロ毎リットル(10・15モード)。右ハンドル仕様のみ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中