気仙沼が世界に誇る高級食材 「フカヒレ」ラーメンここに復活

印刷

   「フカヒレ」といえば、中華料理の高級食材として有名だ。サメのヒレを干した後に戻すと、じっくり味が染みこんで、トロリとした食感がたまらない。

ご当地ラーメンの先駆的な存在

気仙沼のフカヒレ生産は、江戸時代までさかのぼる
気仙沼のフカヒレ生産は、江戸時代までさかのぼる

   そんなフカヒレの一大産地が、宮城県の気仙沼である。漁港の町である気仙沼はサメの水揚げ加工も盛んで、フカヒレは江戸時代の末ごろに、主に中国向けの輸出品として生産が盛んになった。これが品質がよいというので、今や日本や中国をはじめ、世界の多くの中華料理店で気仙沼産のフカヒレが使われているそうだ。

   ご存知の通り、気仙沼は東日本大震災で大きな被害を受けて、フカヒレ生産も激減したが、いくつかの生産者は復興を目指して奮闘している。そこで今回は、気仙沼のフカヒレ専門店の石渡商店から、2012年後半に復活したという「ふかひれラーメン」(2食入り1470円:石渡商店)を取り寄せてみた。近頃は各地のご当地ラーメンがあれこれ次々と話題になるが、気仙沼が世界に誇るフカヒレを使ったラーメンというものは、ご当地ラーメンの先駆的な存在と言えるだろう。

   さて商品の内容を見てみると、フカヒレ姿入り餡(あん)のレトルトパウチ、麺は半生タイプのストレート細麺、濃縮タイプのしょうゆラーメンスープの3要素から成っている。賞味期間は約2か月だった。

オイスターソース仕上げの「餡」が秀逸

   スープを熱湯でとき、麺を数分間ゆでて入れ、その上にお湯であたためた餡のパウチをのせて完成。ほかにネギ、チンゲン菜、ホウレン草、ザーサイなどの具があるとよい。

   餡の中のフカヒレは小さく、器いっぱいにどーんと乗っているのではない(石渡商店でそういうフカヒレラーメンも売っているが、かなりお高い)が、オイスターソースで仕上げたという餡の味は秀逸だ。細切りのえのき、たけのこ、鶏肉といった具に、フカヒレのコラーゲンがとけこんだ餡は、さっぱりめのしょうゆスープ、ストレート細麺とよく合い、品が良く、上質な印象のフカヒレ入り餡かけラーメンに仕上がっている。


商品名:ふかひれラーメン
製造:石渡商店
価格:2食入り、1470円

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中