明治から昭和の「皇族の列車」 鉄道博物館で解説ツアー

印刷

   鉄道博物館(さいたま市大宮区)は、皇族が乗る「御料車」の解説ツアーを2013年2月14日と28日に行う。明治、大正、昭和それぞれの時代最高峰の技術と芸術を間近に目にするチャンスだ。

室内の様子も分かる

御料車内の様子
御料車内の様子

   同館では、ガラス張りの車庫で御料車6台を常設展示。ツアーでは、普段は立ち入ることのできない車庫の通路で、解説員が車両の見所などを説明する。車両の窓越しには、皇族のために特別に用意された椅子や机などの家具が並ぶ車内を見ることもできる。

   入館料のみで参加できる。各日30分ほどの解説を午前と午後に1回ずつ行い、各回の定員は10人(先着順)。ただし、中学生以上に限る。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中