2021年 1月 16日 (土)

【書評ウォッチ】自民「右傾化」を読む 機関紙連載に見る保守の行方

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

まさか猫かぶりの仮面?

   民主党に対抗して自民党が主義を強調するようになった時期に文が書かれた事情もある。朝日紙上で中北さんは「その過程で生まれた最良の成果」「おおらかな保守主義に近い」と評価する一方、自民党はその後結局「『右翼』へと傾斜していった」と受けとめる。

   この観察が正しいかどうか。少なくとも、政権交代後のムードに浮かれていないで、政治の行方を考えておく必要はある。タイムリーな問題だ。安倍政権の一見穏やかな表情がもし猫かぶりの仮面だとしたら、夏の参院選後がなんとも不気味。

   『政治はなぜ嫌われるのか』(コリン・ヘイ著、岩波書店)が読売新聞に。「政治家は自分の利益しか考えていない」といった気分は世界共通。自己利益を図る政治家や公務員、すると棄権者が増える。悪循環。そこから民主主義の取り戻し方を考えた。「一考に値する」と、評者の政治学者・宇野重規さん。でも、今の政治家を好きになれる人は少ないだろうな。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!