2021年 5月 14日 (金)

【書評ウォッチ】「走れメロス」はラストがおもしろい 毒舌評論家が「うしろ読み」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

メロスは激怒で始まり真っ裸で終わる

   たとえば漱石の『坊っちゃん』。なぜ主人公は「坊っちゃん」なのか。うしろから読むと、最後にばあやの清がそう呼んで死んでいく。で、著者はこの名作の「痛快な勧善懲悪というイメージ」を修正。「清への長い手紙」か「追悼だったのではないか」と解釈する。

   愉快なのは太宰の『走れメロス』だ。教科書の定番で「メロスは激怒した」の書き出しを覚えている人もいるだろう。そのラスト。親友のために走り続けて王様を改心させた大団円だが、メロスは(いろいろある経過は省略。まあ、原作を読んでください)最後は真っ裸。少女にマントをさし出されて「勇者は、ひどく赤面」して小説は終わる。

   かつては裸部分をカットした教科書もあったとか。シンプルな友情物語として中学生に教えたわけか。ばかげた操作をしたものだが、著者・斎藤さんはそこをつく。

   メロスが赤面したのは単に裸だったからか、それとも自己陶酔に近い行為そのものに対して赤くなったためか、と著者は問いかける。「最後、メロスはコドモからオトナに変わるのだ」「ただの感動小説のわけないじゃない」と言われると、ついうなずいてしまう。たしかに、これはありきたりの批評ではない。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!