6段階ボリュームで重低音調整 JVC「ポータブルスピーカー」

印刷

   JVCケンウッドは2013年2月下旬、iPod(アイポッド)/iPhone(アイフォーン)やUSBメモリーなど、さまざまなメディアに保存された音楽コンテンツが楽しめるポータブルオーディオシステム「RV-S1-S」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は3万6000円前後とみられる。

「迫力ある重低音とクリアな中高域」

アウトドアにも対応
アウトドアにも対応

   3本の円筒を束ねたようなラウンドフォルムの本体には、両サイドにスーパーウーハーを水平対向に配置する「チューブ構造」を採用し、不要な振動を低減するとともに、ウーハーダクトを本体背面に配置したことで音の表現力を高めた。また、音楽ソースやリスニング環境に合わせて重低音を調整できる「6段階スーパーウーハー専用ボリューム」がついている。

   フルレンジ5ワット+5ワット、ウーハー15ワット+15ワットの4スピーカーからなる総合出力40ワットのハイパワー設計となっており、4つのスピーカーユニットをそれぞれ独立したアンプで駆動させることで、「迫力ある重低音とクリアな中高域」を実現した。

   またアウトドアでの使用に配慮し、接続したアイポッド/アイフォーンをスライド開閉式ドアがガードするビルトイン構造のダイレクトドックを採用している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中