フィルター一体化で軽くなった フィリップス新「自動車用空気清浄機」

印刷

   フィリップス エレクトロニクス ジャパン(東京・港区)は2013年2月下旬、自動車用空気清浄機「Philips GoPure2(フィリップス ゴーピュア2)」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は1万6800円前後とみられる。

3つの高性能フィルター搭載

設置イメージ
設置イメージ

   自動車向けのアクセサリー製品で、2011年7月に発売された「Philips GoPure」の改良版だ。2つに分かれていた内蔵フィルターを一体化させることで260グラム軽くなり、モーター音の静穏性も高めた。

   目に見えるレベルのほこりやペットの毛、花粉などをとらえる「プレフィルター」と、マイクロメーター(1000分の1ミリ)レベルの有害微粒子をとらえる「HEPAフィルター」、ウイルスやアレルギー性物質のほか、ホルムアルデヒドなどの有害物質をとらえる「HESAフィルター」を備える。

   電源はシガーソケットから取り、付属の設置部品を使ってアームレストやダッシュボードなど、車内に取り付ける。

   サイズは長さ216×幅170×高さ60ミリで、重量は700グラム。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中