「余韻まで華やかにかおる」ヱビスビール 仏シェフと共同開発

印刷

   サッポロビールは2013年2月20日、フランスの有名シェフであるジョエル・ロブション氏と共同開発したビール「薫り華やぐヱビス」を発売する。

シャンパーニュ地方の上質「麦芽」使用

写真は、350ミリリットル缶
写真は、350ミリリットル缶

   ヱビスビール本来の特長である熟成による深いコクに加え、「余韻まで華やかにかおる」ことを目指し、原料にフランス・シャンパーニュ地方の上質な麦芽と、香味豊かなホップであるネルソンソーヴィン種を使用した。これらをぜいたくに仕込むことにより、「飲んだ瞬間口の中に華やかなかおりが広がり、心地良い余韻が楽しめる味わいを実現した」という。

   価格はオープンだが、想定実売価格は350ミリリットル缶が260円前後、500ミリリットル缶が335円前後とみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中