2019年 11月 20日 (水)

歌舞伎ギャルが提案、カブキ改造計画 こうすれば見に行く若者増えるタン!

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   昨2012年12月に57歳の若さで亡くなった中村勘三郎さんに続き、約2か月後には市川團十郎さんが急逝するなど、伝統芸能の魅力を世界に伝えてきた大功労者達の早過ぎる別れに日本中が驚きと悲しみに包まれました。

   一方、2月13日(2013年)には歌舞伎俳優・尾上菊之助さんが婚約発表、翌日には、歌舞伎俳優・片岡愛之助さんが交際を公表するなど、歌舞伎界に明るいニュースも舞い込んできました。

意外に多い?「見たことある」ギャル

歌舞伎へGO!?
歌舞伎へGO!?

   一連の歌舞伎界のニュースが報道されたことで、GRPが毎週調査を行う「気になったキーワードランキング」でも「歌舞伎」が上位にランクインし、以前よりも歌舞伎に興味を持つギャルが増えてきているようです。

   では、そもそもギャル達の間で歌舞伎はどう受け止められているのでしょうか。

   まず、歌舞伎についてどう思うのか、率直な意見を聞いてみると…。

『日本の伝統芸能だと思うから、人生のうちに一度は見た方がいいと思うもの!』
『もっとたくさんの日本人が見なければならないって思う』
『日本人ならではの感性で魅せることができる芸術作品!』

といった声を聞くことが出来、日本の歴史や美を感じることが出来る誇るべき伝統文化だと考えるギャルがいることが分かりました。

   とは言え、実際に歌舞伎を見たギャルは7.8%と少なめでした。上に紹介したような声は少数派で、『難しそう』『堅そう』といったイメージがギャル達の間で先行しているのが現状です。

歌舞伎を見に行ったことはありますか?
何度もある
一応ある
ない。興味もない
ない。けど行ってみたい
その他

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!