2018年 7月 22日 (日)

通話もできるコンパクトスピーカー らくらくワイヤレス再生

印刷

   シネックスインフォテック(東京・江東区)は2013年2月下旬、米Antecのブルートゥース搭載ポータブルスピーカー「SP1」を発売。店頭想定価格は、9975円。

最大10時間の連続再生

「SP1」(ホワイト)
「SP1」(ホワイト)

   充電池を内蔵し、どこでも手軽にワイヤレス再生が楽しめるコンパクトスピーカーだ。通話用マイクも備え、エコーキャンセル機能により違和感のないハンズフリー通話が行える。最大8 台までのペアリングに対応した。

   スピーカーにはフルレンジドライバー2基に加え、低音再生用のパッシブラジエーター1基を取り入れた。低音から高音まで力強いハイファイサウンドを生み出す「dBs1テクノロジー」を搭載している。

   充電はUSBポートから行い、最大約10時間の連続再生が可能だ。3.5ミリステレオミニジャックの外部入力端子付き。

   カラーは、ブラック、ホワイト、グリーンの3種類。サイズは幅158×奥行き41×高さ62ミリで、重量は370グラム。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中