2018年 7月 23日 (月)

柳田國男らの作品、ネット無料公開 国立国会図書館、著作権切れ資料2万3000点

印刷

   民俗学者柳田國男の著作などが無料で読める――国立国会図書館は2013年2月21日、著作権保護期間が満了した図書資料2万3000点を新たにインターネット公開した。例えば、1930年に刊行された柳田國男『蝸牛考』は、デンデンムシ、マイマイなど、日本各地のカタツムリの呼び方を調査した資料で、250通りもの呼び方が掲載されている。

吉川英治、室生犀星、中谷宇吉郎らの著作も

公開された資料の一部
公開された資料の一部

   国立国会図書館が提供するデジタル化資料の総数は約223万点で、そのうちネット利用できるのは約45万点になった。今回追加されたのは、これまで館内限定で公開してきたデジタル化資料のうち、著作権処理が終了したもの。インターネットで閲覧できるようになった2万3000点には吉川英治、室生犀星、中谷宇吉郎、正宗白鳥などの著作が含まれる。

   資料は「近代デジタルライブラリー」と「国立国会図書館デジタル化資料」で閲覧できる。また同日から、デジタル化した雑誌約2万6000点も国立国会図書館の館内限定で利用できるようになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中