2018年 7月 22日 (日)

香り広がるレースカーテンいかが 開け閉めすると、ほんのり

印刷

   カーテン・じゅうたん王国(東京・中央区)は2013年2月22日、ライオンから発売されている衣料用柔軟剤「香りとデオドラントのソフラン」の香りを採用したレースカーテンを発売した。

「微少な香りカプセル」が活躍

柔軟材と同じ香り
柔軟材と同じ香り

   レースカーテンの繊維にきわめて微小な香りカプセルを付着させたカーテンは業界初という。

   カーテン同士が風で摩擦したときや手で開け閉めした際に、このカプセルが壊れ、芳香剤とはちがった柔軟材ならではの優しい香りが広がる。

   10回洗濯しても香りが続くだけでなく、洗濯時に「香りとデオドラントのソフラン アロマソープの香り」を使用することで同じ香りを楽しむことができる。

   また、防臭ハーブも配合されている。

   サイズは100センチ×176センチで、「ハボン」など4種類のデザインがある。

   価格は3800円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中