くまモンも跳んだ「日本一」バンジージャンプ 熊本県五木村に期間限定で「復活」

印刷

   ゆるキャラ「くまモン」も跳んだ、高さ日本一のバンジージャンプが復活する。熊本県五木村は、「頭地大橋」の開通を記念して、2013年3月16日~3月31日(21日と27日を除く)までの期間限定で「五木村バンジージャンプ2013」を村内で開く。

東京・銀座熊本館で「子守唄の里~五木村フェア」も

高さ日本一のバンジージャンプ復活
高さ日本一のバンジージャンプ復活

   開催場所は前回と同じく「銀杏橋」周辺で、足にゴム製の命綱を付けて川辺川の上空77メートルからダイブする。2012年8月、同じバンジージャンプに挑戦した「くまモン」は、体験後に自身のツイッターで、

「五木村の魅力再発見と新しい魅力を少しでも多くの人に伝えるにはどうしたらよいか考えて考えて今回飛んだんだモン。遊園地じゃ飛ばないモン!くましくはあれだけど、もちろん安全性は普通の人と同じだけ確保してあるモン」

と振り返り、「いい飛びっぷり」「体張った仕事してる」などと賞賛のコメントが相次いでいた。

   参加対象者は、体重45~90キロで高校生以上の健康な人。費用は1万円。

   また、東京・銀座熊本館では2月26日~3月3日まで、五木村の山の恵みや豊かな味覚、自然の魅力を体験できる「子守唄の里~五木村フェアin銀座熊本館」を開く。今回のフェアにあわせ、2階の「ASOBI Bar」では球磨焼酎や五木村の鹿肉ソフトジャーキーなどが提供される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中