下北沢「春のイカ祭り」で被災地支援 3月4日から1週間

印刷

   東京・世田谷区の下北沢では、2013年3月4日から3月10日までの1週間、「下北沢 春のイカ祭り」が開催される。「今できること、下北沢から復興応援」をテーマに東北大震災の被災地、宮城・女川漁港の新鮮なイカ焼きなどを販売する。

地元アイドルも登場

「下北沢 春のイカ祭り」のポスター
「下北沢 春のイカ祭り」のポスター

   実行委員会の主催で、祭りの狙いは下北沢の飲食店でイカを食べて町を盛り上げていくこと。期間中に参加店舗でイカを食べると、その数に応じてオリジナルグッズがプレゼントされる。

   最終日は「あずま通り商店街」が歩行者天国となり、女川漁港から届けられた新鮮なイカを使ったイカ焼きの販売に加え、小学生向けのお絵かき交流会、下北沢発のアイドルグループ「La☆DoLL」(ラ☆ドール)によるストリートライブなどが行われる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中