2018年 6月 25日 (月)

後席は「ラウンジ」みたい 7番目のMINI「ペースマン」

印刷

   ビー・エム・ダブリュー(BMW)は2013年3月2日、「MINI」シリーズに「ペースマン」を追加し、発売した。メーカー希望小売価格は、312万~396万円。

流れるようなルーフライン

312万円から
312万円から

   MINIのラインアップに7番目のモデルとして誕生した「ペースマン」。

   エクステリアはAピラー(柱)からCピラーにかけての流れるようなルーフラインが特長で、前方から後方にかけて上昇するショルダーラインと組み合わせ、「エレガントかつ力強いデザイン」を演出している。インテリアでは後席に「ラウンジコンセプト」をMINIシリーズで初めて採り入れ、「大人4人がゆったりとくつろげる空間」を生み出した。

   1.6リッター直列4気筒エンジン搭載の「クーパー・ペースマン」と、1.6リッター直噴直列4気筒ツインスクロールターボエンジン搭載の「クーパーSペースマン」、「クーパーSペースマン」をベースに4輪駆動システムを搭載した「クーパーSペースマン ALL4」の3モデルがあり、それぞれ6速マニュアルトランスミッションと6速オートマチックトランスミッションの選択ができる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中