スマホで「電力」チェック ムダを無くせる「スマートプラグ」

印刷

   サンワサプライ(岡山市)は2013年2月下旬、スマートフォンで電力の使用状況を確認・操作できるスマートプラグ(パワーマネージャー)「TAP-TST13」を発売。価格はオープンだが、直販価格は2万4800円。

スケジュール管理機能も

4段階のLEDランプ付き
4段階のLEDランプ付き

   手持ちのスマホに専用アプリをインストールしWiFi接続することで、電圧、電流、消費電力、積算電気料金、CO2排出量などをリアルタイムで計測できる。本体をコンセントに接続し、差し込み口に機器を接続して使う。

   アプリには、設定した時間が経過すると自動で電源をオフにできる機能や、自動でオン・オフが切り替えられるスケジュール管理機能を搭載している。スマートプラグ本体にも電源ボタンが付いている。

   また、本体左側の「消費電力ランプ」により、本製品の定格電力1000ワットに対し、何%の電力が消費されているかを4段階のLEDランプで確認できる。接続機器が待機電力状態になると、約70秒後に電源を自動的にカットする機能もある。

   USBポートが本体の上部にあり、USBに対応する機器の充電が行える。

   サイズは幅45×奥行き37×高さ92ミリで、重量は約110グラム。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中