「2リッター5気筒ターボエンジン」搭載 新型ボルボ「V40」から2車種

印刷

   ボルボ・カー・ジャパンは2013年2月26日、スポーツコンパクト新型「V40」から「V40 Rデザイン」と「V40 クロスカントリー」との先行予約受け付けを始めた。

自動ブレーキシステムも

ボルボ「V40 クロスカントリー T5 AWD」
ボルボ「V40 クロスカントリー T5 AWD」

   4月発売の「V40 Rデザイン」はV40をベースに、よりスポーツ性能に焦点を当て開発されたモデル。インテリアでは、本革/パーフォレーテッドレザー・コンビネーションシートや、スポーツステアリングホイールなどを専用装備とした。専用のスポーツサスペンションと18インチアルミホイールを組み合わせる。車両本体価格は、399万円。

   一方、5月発売の「V40 クロスカントリー」は、内外装をSUV仕立てとしたAWD(全輪駆動)モデル。最新のハルデックス製AWD(第5世代)を採用し、オールロード、オールウェザーの走行に対応した。エクステリアでは、グラファイトカラーのコントラストが特長のフロントバンパー、専用フロントグリル、ルーフレールなどを装備する。車両本体価格は、359万円。

   両モデルとも、最高出力213馬力を発揮するアイドリングストップ機能付き2.0リッター直列5気筒ターボ、「T5」エンジンを搭載。6速ギアトロニック付きオートマチックトランスミッションとの組み合わせ。自動ブレーキシステム「シティ・セーフティ」を標準装備する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中