つけて、はさんで、楽しんで 3つの味の新感覚和菓子

印刷

   叶 匠壽庵(かのうしょうじゅあん・滋賀県大津市)は2013年3月1日、「遊・楽菓子 今鄙」3種類を全店販売する。

城州白梅にあんず

セットには麩焼きせんべいも
セットには麩焼きせんべいも

   「食べ方が選べる楽しみ」を取り入れた新感覚の和菓子で、「和」と「洋」の域を超えて若者へのアプローチを試み開発したコンフィチュール。

   定番は、京都丹波大納言小豆と丸久小山園の濃茶で、季節限定の梅あんず味は同社が育てた城州白梅にあんずをあわせた。

   好きなものに「つける」「はさむ」など、自分で作る楽しみや歓びを感じながら、素材感を味わえる。

   価格は小が840円、大が1260円。

   今回は、にんじん味などもある麩焼きせんべいや、最中種につけて楽しめるセットも発売される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中