「別れさせ屋」にビビるギャル 新「3K」恋愛ならストレスフリーなのに

印刷
『交際相手と別れたい…』
『今彼の浮気相手と別れさせたい…』

   このような恋愛関係の悩みを持つ人から依頼され、工作を練って破局へと導く業者、その名も「別れさせ屋」。最近では、この「別れさせ屋」を巡り裁判沙汰も起きるなど何かと話題になっているようです。

「自分達で始めた恋愛なんだし…」

別れさせ屋って…
別れさせ屋って…

   そこで今回は、「別れさせ屋」について、ギャル達の考えを調査してみました。

   まず、GRP編集部を訪れたギャル達に「別れさせ屋」についてどう思うか聞いてみると…。

   ギャルA『別れさせ屋なんて仕事があることにビビった!自分達の問題を赤の他人に解決してもらうなんて、ウチには想像出来ないけど…』

   ギャルB『あたしも想像出来ないや。だって形の上では解決してても、気持ち的には何も解決してなくない!?何でお金払ってまで知らない人に頼むんだろうって思っちゃう』

   ギャルC『お金で解決する恋愛って何か寂しいよね~!どんな理由があっても、自分達で始めた恋愛なんだし、自分達でどうにかしようよって感じだなぁ』

などと、お金を支払ってまで「別れさせ屋」を利用することに対して驚きの声を上げていました。自分のことは自分自身で解決へと導きたいといった強い気持ちを持っているようです。

ギャル的恋愛の鉄則「3K」

   しかし、「別れさせ屋」を利用している人も少なからずいるのが実態のようです。

   では、なぜギャル達は、「別れさせ屋を利用しない」と言えるのでしょうか。引き続き理由を聞くと、ギャル的恋愛の鉄則「3K」を知ることが出来ました。

   ギャルA『ウチの場合はお互いが言いたいことを我慢せずに言ってるから、彼氏に隠しごととかしないし彼氏もしてないって信じることが出来るんだよね!言いたいことを言ったことでケンカをしても仲直りすればもっと良い関係になれる!』

   ギャルB『あたしも思ったことは必ず口に出すようにしてる!別れたいって思った時もあったけど、その時も原因をちゃんと言ったら直してくれて、今ではもっとラブラブになったよ!お互いが気を遣い過ぎるって恋愛にとって良くないことだと思うなぁ』

   ギャルC『やましいことがあるかも…って思って携帯をこっそり見たり、共通の友達を通して探ったりする人ってよく聞くけど、それなら直接聞いたり、強気な態度で構えてた方が良くない!?身近な存在なんだから怖がる必要なんてないと思う!』

「愛情表現を言葉にする」65%

   このようにギャル達は男性との交際において

■気持ちを隠さず何でも言う
■気を遣い過ぎない
■気になることは直接聞く

といったように一昔前の「高学歴・高収入・高身長」とは異なる現代版の「3K」を求めていることで、ストレスを溜め込まないストレスフリーな交際を築き上げ、また、時に『別れたい』と感じたことがあってもお互いが真っ向から意見を言い合い解決すべきだと思っていることが分かりました。

   また、GRP調査による、付き合った時に「好き」や「愛してる」などの愛情表現を言葉にするアンケートでは、「しない」が34.8%だったのに対し、「する」が65.2%といった過半数を大きく上回る結果も明らかとなっており、ギャル達にとって言葉をストレートに相手に伝えることが恋愛において重要なコミュニケーションテクニックであると言えるのではないでしょうか。

   どうやら、恋愛関係での悩みには直球勝負をするギャル達だからこそ、「別れさせ屋」を利用してまで恋愛トラブルを解決する人がいることに驚きの声を上げるギャルが多いようですね。

GRP編集部・ミリにゃん

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中