カール・ルイスが東北の陸上選手指導 目指せ五輪メダル、参加者募集中

印刷

   元陸上競技選手カール・ルイス氏や為末大氏が東北へやってくる――スポーツの力で東北を盛り上げるイベント「東北スポーツサミット2013」が、2013年3月23・24日に宮城県仙台市と石巻市の会場で開かれる。「スポーツのチカラProject実行委員会」の主催で、一般聴講者と見学者を募集している。

為末大氏が議論のファシリテーター

カール・ルイス氏
カール・ルイス氏

   23日の「東北スポーツ・コーチング会議」では、「東北からメダリストを!」をテーマに、パネルディスカッションをする。カール・ルイス氏(100メートル)、マイク・パウエル氏(走り幅跳び)、ウイリー・バンクス氏(三段跳び)らを招き、ファシリテーターを為末大氏がつとめる。2020年開催のオリンピックでメダリストを輩出するため、指導者がどう行動すればいいかを議論する。会場は、仙台国際センター大ホール。

   石巻専修大学陸上競技場で24日に開く「ワールドレコードキャンプ」では、カール・ルイス氏、マイク・パウエル氏、ウイリー・バンクス氏が、事前に選抜されたジュニアアスリート約80人を直接指導する。

   一般聴講者と見学者の募集人数は、23日が400人、24日は500人。スポーツのチカラProject公式サイトから申し込む。応募締め切りは3月19日17時まで。先着順のため定員に達し次第、募集終了となる。入場無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中