仲間の位置が地図でわかる 通信モジュール内蔵「サイクルナビ」

印刷

   パイオニアは2013年3月下旬、サイクルナビゲーション「ポタナビ」シリーズから、通信モジュールを内蔵した「SGX-CN710」を発売する。希望小売価格は、3万9900円。

「2.4型カラー液晶モニター」搭載

取り付けイメージ
取り付けイメージ

   NTTドコモの通信回線を利用する通信モジュールを本体に内蔵し、購入から2年間は通信機能を使ったさまざまな機能を無料で利用できる。

   本機を使う仲間の位置が確認できる「フレンズポイントモード」のほか、「カンタンロガー機能」では、センサーからの走行データを専用ウェブサイト上のマイページに自動送信。走行記録の確認や編集、他のユーザーとの共有が行える。

   2.4型カラー液晶(240×320ドット)モニターを備え、ペダル回転数や速度といった各種センサーからの情報を数値やグラフィックで表示する。ルート探索機能や、寄り道をしても目的地を見失わない「ポイントライン表示」、設定時間内で往復可能な範囲を表す「タイムサークル表示」などの機能も持つ。

   約10時間連続使用できるバッテリーを内蔵し、充電はUSBポートから行う。サイズは幅59×高さ95×奥行き19ミリで、重量は約100グラム。

   カラーは、ホワイトとブラックの2種類。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中