2018年 6月 21日 (木)

発熱抑える「インソール」構造 ムーンスター「涼感クッション」シューズ

印刷

   ムーンスター(福岡・久留米市)は2013年3月中旬、デイリーシューズ「SuppList(サプリスト)」から、靴内の温度上昇を抑制するクッション材「涼感クッション」搭載モデル(メンズ2型・ウィメンズ2型)を発売。価格は各4095円。

通気性が向上

上はメンズ「SPLT M124」、下はウィメンズ「SPLT L117」
上はメンズ「SPLT M124」、下はウィメンズ「SPLT L117」

   「涼感クッション」搭載モデルは、特殊配合スポンジと独自開発のインソール構造により、10分間の歩行で通常の靴よりも靴内温度を約2.5度抑えられるという。

   足が接地するインソール上部には立体メッシュを、ムレやすい爪先部の足裏には通気ホールを備えることで、通気性が向上。足の接地面全体には、汗をすばやく吸収・拡散する速乾素材を取り入れている。

   また銀の抗菌作用で臭いのもととなる菌をカットする、「サニタイズAg加工」を施した。

   デザインでは、アッパーにもメッシュ素材を配したスニーカータイプのほか、ウィメンズではバレーシューズタイプも用意した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中