2019年 8月 20日 (火)

【書評ウォッチ】WBCから見える裏事情「野球移民」 バケーションや自分探しの人も

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のもう一つの側面を活写した『ベースボール労働移民』(石原豊一著、河出ブックス)が東京新聞に。ベスト4まで勝ち上がった日本以外の3チームは、主力が中米・カリブ出身のプレーヤーで、大半は米大リーグかその傘下にいる。アメリカ代表をも破った彼らの姿からは世界の野球、あるいは世界それ自体の一端が見えてくる。17カ国298のフィールドを調べたという本は、「出稼ぎ」「バケーション」「自分探し」といった選手個々の生き方も浮き彫りにした。【2013年3月17日(日)の各紙からI】

そこは巨大資本による労働市場

『ベースボール労働移民』(石原豊一著、河出ブックス)
『ベースボール労働移民』(石原豊一著、河出ブックス)

   「今の野球界はMLB(メジャーリーグ)が頂点に君臨し、世界各地から有望選手を獲得する図式が出来ている」と、評者の澤宮優さんが解説している。著者は母国から海を渡った野球選手を「労働移民」としてとらえ、MLBを中心とした巨大資本による労働市場を見すえる。この本がおもしろいのは、米国内の野球を超えてドミニカ、メキシコ、イスラエル、ジンバブエなどで選手を取材した点だろう。

   例えば、日本からは「えっ野球をやっているの」と思われても不思議はないイスラエルの選手たちは四つのタイプに分類できるらしい。

(1)元中日のネルソン投手のようにはい上がるためにプレーする「プロスペクト」型
(2)母国よりはまだ給料が良いからという「野球労働者」タイプ
(3)米国人弁護士のように夏休みに遊びに来た「バケーション」タイプ
(4)日本の大学を出て就職せずに海外を渡り歩く若者もいたそうで、これは「自分探し」型
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中