2022年 10月 5日 (水)

コスプレ外国人が「7人制ラグビー」に大興奮! 「香港セブンス」に行ってみた

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   7人制ラグビー(セブンス)という競技をご存知だろうか。2016年からオリンピック正式種目に採用される予定で、東京でも近く国際試合が開催される今かなりホットな競技だ。

   15人制と同じコートを使いながら、一試合が15分と短いため、スピーディな展開とダイナミックな選手の動きが楽しめるそうだ。その国際試合が香港で開かれ、日本代表も参戦するときいて、記者(20代女性)が観戦しに行った。

「ここは本当にアジアの都市か?」

「18禁」のサウススタンドには気合の入ったコスプレが続々
「18禁」のサウススタンドには気合の入ったコスプレが続々

   2013年3月22日から24日までの3日間、香港スタジアムで開催された「香港セブンス」は、1976年から毎年開かれていて、全世界からこのためにファンが集結してくるビッグイベントだ。今年は過去最多の28チームが出場し、3日間で70試合ものトップレベルの代表マッチが繰り広げられた。

   羽田空港からキャセイパシフィック航空の飛行機に乗り4時間、あっという間に香港に到着。会場のある香港島に足を踏み入れると、町中は「香港セブンス」一色だ。ポスターが張り出され、道路上空の電光掲示板には「香港セブンス開催のため交通規制あり」との内容らしき漢字の文字列が表示されている。

   「ここは本当にアジアの都市か?」――様々な人種が入り乱れてお祭り騒ぎに興じている会場にこんな第一印象を受ける。セーラームーンや海賊、魔女などコスプレをした男女がビールを片手に歩きまわり、カメラを向けると嬉しそうにポーズをとる。一方で、階段を上がった通路には、本大会のメインスポンサーであるキャセイパシフィックやHSBCはもちろんのこと、ドイツ銀行やゴールドマン・サックスといった国際企業の名が記されたボックス席へのドアが並び、まさに「世界の社交場」といった風格もうかがえた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!