「キャバクラ行き」にブチ切れる妻・彼女 「ギャル3か条」実践すれば「円満」通い放題!?

印刷

   職場の上司や取引先と欠かすことの出来ない、男性同士の付き合い。

   新入社員も加わるこの季節には、こういった機会が増える男性陣も多いと思われます。

   そんな男性同士の付き合いの場としてよく利用されるのが……

   女性と楽しくお酒を飲める場所「キャバクラ」。

「仕事とは分かっていても、許せそうにない」

キャバクラうぃる・なう・わず!!
キャバクラうぃる・なう・わず!!

   しかし、中には、付き合いだとは分かっていても、奥さんや彼女に対して、

   『これからキャバクラ行って来る!』なんて堂々と言いづらいのが本音なのでは…?

   そこで、今回のギャルウォッチでは、キャバクラを利用する男性必見!

   ギャルが教える、女性を安心させるテクニックをご紹介します。

   …とその前に、まず、GRP編集部を訪れたギャル達に、付き合いでキャバクラを利用する男性について率直な意見を聞いてみると、

   ギャルA『仕事だったら断れないのも、まぁ、分かるかなぁ。イヤ、でも…、出来ることなら行って欲しくない!』

   ギャルB『彼氏がキャバクラ行くとか考えただけで無理!仕事とは分かっていても、許せそうにない。友達同士の付き合いなら尚更行って欲しくない!ってか、行かせない(笑)』

   ギャルC『あたしも同じ意見!男の人は、よく付き合いって言うけど、Noと断るのも大切だと思うんだけど…』

うぃる・なう・わず!!

   などという会話が聞かれ、調査をしたギャル達の約7割が仕事の付き合いとは分かっていてもキャバクラに行く男性の心理を理解出来ないと感じており、さらに友達同士の付き合いとなると、行って欲しくない気持ちがより一層、強くなることが分かりました。

   ただ、このように旦那や彼がキャバクラに行くことに対し、良い思いがしないのはギャルに限らず、一般の女性にも言えることでしょう。

   では、どういった対策をすれば、ギャルはもちろん多くの女性も、キャバクラに行く旦那や彼氏を理解し、自身も安心することが出来るのでしょうか。

   キャバクラ反対派のギャルが提案する、女性も安心させることが出来る3か条がこちらです!

【キャバクラうぃる編:NOT事後報告!事前相談で怪しさ回避!】

   断れない付き合いだとは分かっている時も、まずは奥さんや彼女に一言伝えること!何もやましいことはないはずなのに、内緒でキャバクラに行ったり、事後報告をしたりすると、益々怪しまれてしまいます……。行く前にただ報告をするのではなく、ちょっと困りながら相談をすることで『付き合いだから仕方がない』と、女性は素直に分かってくれるはずです!

【キャバクラなう編:連絡は必須! LINEで中継を!】

   仕事の付き合いの席で頻繁に電話を入れることは難しいかもしれませんが、チャットのようにトークが出来るLINEであればお手洗いなどで席を立った時などに、手間を掛けずに気軽に奥さんや彼女とのコミュニケーションが取れるはず。お酒が入る場であるからこそ、このように細やかな気遣いが女性の気持ちを安心させ、さらに信頼を呼ぶのです!

【キャバクラわず編:一言でOK!帰るコールで安心度MAX!】

   最も重要と言えるのが帰宅時間。『今終わった』『着くのは1時過ぎかなぁ』なんて言葉があるだけで、女性は安心出来るもの!特に行動を束縛し過ぎないように心掛けているギャルにとっては、自ら報告をして貰えることが信用に繋がるのだとか。

そこは男性同士の付き合い!

   このように、うぃる・なう・わずといったステップに従い、簡単な3か条を実践するだけで、付き合いでキャバクラに行く旦那や彼氏に対し、少なからず理解を示してくれると言えそうです。

   もちろん行かないに越したことはないですが、そこは男性同士の付き合い!

   奥さんや彼女との付き合いも上手く両立させ、どちらも確実に落とすようにしましょう!

GRP編集部・ミリにゃん

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中