3つのセンサーで「進化」した 電動アシスト自転車「PAS」新モデル

印刷

   ヤマハ発動機は2013年3月29日、アシスト性能を進化させた電動アシスト自転車「PAS 27型通勤・通学用スタイリッシュ2013年モデル」2機種を発売した。

バッテリー容量増で走行距離伸びる

「PAS CITY-L」
「PAS CITY-L」

   国内では初めて「トリプルセンサーシステム」を搭載。ペダルを踏み込む力を感知する「トルクセンサー」と車速を感知する「スピードセンサー」の従来の2つのセンサーに、ペダリングの速さを感知する「クランク回転センサー」を追加した。走行状況や乗り手の動きを敏感にとらえ、より快適に走行できる。

   バッテリー残量や車速を表示するメーターには、残りのアシスト走行距離を表示する機能を新たに追加。また、バッテリー容量が増えたので、走行距離が伸びている。

   機種は、通勤・通学仕様の「PAS CITY-S」と、機能がより充実した「PAS CITY-L」。希望小売価格は、「PAS CITY-S」が10万8000円、「PAS CITY-L」が11万3000円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中