2018年 7月 20日 (金)

「シウマイ」崎陽軒が「サンドイッチ」店 4月から「すごいぜ!最高!」

印刷

   シウマイ弁当で知られる崎陽軒(横浜市)が、中華風サンドイッチなどを提供するファストフード系の新業態をオープンする。店名は「RIGHTEOUS!(ライチャス)」で、1号店が商業施設「横浜ベイクォーター」に2013年4月1日に登場した。同社は「これまでの崎陽軒ファンだけでなく、次世代の崎陽軒ファンを作っていきたい」として、メーンのターゲットを20代~40代の女性に設定した。

中華まんの生地に使われる「パオ」ではさむ

「RIGHTEOUS!(ライチャス)」のサンドイッチ
「RIGHTEOUS!(ライチャス)」のサンドイッチ

   レストラン事業も展開する同社が、その技術を活かし本格料理を手軽に食べられるようにしようと、サンドイッチメニューを開発した。ファストフード店と同様、入店後すぐに会計を済ませるシステムで、注文から2~3分での提供を目指す。テイクアウトもできる。

   サンドイッチは「健味鶏のローストサンド~ピリ辛アラビアータソース~」(480円)、「すっきり梅風味酢豚のサラダサンド」(480円)など計8種を販売する。パンは通常のタイプに加え、中華まんの生地に使われる「パオ」も採り入れた。ポテトとドリンクのセットはプラス300円で客単価は800円前後を想定している。サイドメニューとしてニョッキやサラダ、スイーツメニューも用意する。

   なお、店名の「RIGHTEOUS!(ライチャス)」は、英語の俗語で「すごいぜ!最高!」という意味を持つという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中